logo

 

 

佐藤満夫・山岡強一監督作品

ドキュメンタリーフィルム / 16mmカラー / 110分 / 1985年

yama_top

  映画では腹は膨れないが敵への憎悪をかきたてることはできる    -佐藤満夫
  カメラは常に民衆の前で解体されていく   これが本当のドキュメントだと思う   -山岡強一

この映画の冒頭では、次のような字幕が、山谷地区の遠景を背景にして映し出されます。
「1983年11月3日 日本国粋会金町一家西戸組が日の丸を掲げ山谷争議団に対し 武装襲撃をかけた。 以来、一年余に及び闘いが繰り広げられた」

日雇労働者の街山谷の労働者を、日の丸の下で一元的に支配・管理しようとする右翼暴力団の試みでした。「山谷越冬闘争を支援する有志の会」に所属してい た佐藤満夫監督は、1984年12月に文字通り山谷のど真中にカメラを据えて、山谷労働者の姿を正面から撮影するドキュメンタリー映画制作の作業に取りかかります。ところが、映画がクランクインしてまだ1か月もたたない1984年12月22日早朝、佐藤満夫監督は、日本国粋会金町一家西戸組組員の凶刃に斃 れます。冒頭の字幕に続いて、映画に登場するのが、山谷の路上に倒れた、微かにまだ息のある佐藤満夫監督自身の姿でした。映画の物語を組み立てる当の監督が映画の冒頭から倒れている。これは、通例、物語の終了を意味します。しかし、この映画では、むしろ物語の始まりとなっています。

佐藤満夫監督の断ち切られたフィルムが残されました。翌年1985年2月3日におこなわれた『佐藤満夫さん虐殺弾劾! 右翼テロ一掃! 山谷と全国を結ぶ人民葬』で、佐藤満夫監督が殺されてから一年の間に映画を完成することが、参集した人々の前で約束されました。ここに断ち切られたフィルムを繋れまし た。「カメラは常に民衆の前で解体されていく-これが本当のドキュメントだと思う」とは、山岡強一監督が、この映画の上映運動に託した言葉です。山岡強一 監督は、山谷で始まって山谷で終わる強固な円環を打ち破る中味は何かという問いかけを上映運動に託し、この試みは現在なお継続しています。


次回上映 

5月19日 plan-B 定期上映会 

「搔き消された「声」に 耳をそばだてること」
                                         mini talk   / 細谷修平
(美術・メディア研究/映像作家)

東日本大震災による経験は、わたしたち(少なくともわたし)に、過去を省みることの必要を気づかせ、わたしたちは一層とその営みに意識的になったように思われます。過去の忘れられた出来事に向き合い、それとの衝突によって、集団の想像力が蜂起すること。わたしはそれを信じているようです。
 しかし8年目を迎えた今、資本主義はわたしたちのこうした気づきだけでなく、震災という出来事そのものを「ノスタルジー」として回収・消費し、2020年の東京五輪へと加速の一途を辿っています。国家による国民の歴史はいくらでもつくられるでしょう。それでは、人民による人民の歴史はどうでしょうか。
 今回は、わたしが関心を持って研究に取り組む60年代70年代の政治と藝術の動向、80年代の光州民衆抗争とそれへの呼応などを通して、記録の可能性/不可能性について、みなさんと考える機会になればと思います。

 映像メディアが氾濫し、ことばが軽んじられる現在においてこそ、「山谷」の上映会という「場」で対話と考察を深められればさいわいです。

yama0518

2018年5月19日(土)
5:30pm 開場 6:00pm 上映
上映後20時頃から<ミニトーク>

料金 予約●1000円 当日●1200円
会場 plan-B 中野区弥生町4-26-20-B1 (入り口は中野通り沿い) 地下鉄・丸ノ内線 中野富士見町 徒歩5分
予約・問い合わせ 「山谷」制作上映委員会  044-422-8079     090-3530-6113


お知らせ

img263

「あさってのジョーたちへ  川口五郎詩集」
 
昨年逝った、寄場労働者・ジョー(川口五郎)の詩集が刊行されました。
---
本詩集は、かつて『原詩人』が発行した「川口五郎詩集 ジョーの獄中詩』(一九七九年一二月)を、『浮浪舎』が復刊した同名の詩集(一九八七年一二月)にさらに二篇をくわえ、改題のうえ刊行されるものである。
昨年二〇一六年三月、かつて釜共闘はじめ寄せ場、日雇労働者の運動をともに闘った仲間たちがジョーの無念の死を弔った。今その仲間たちの手によってジョーのこころの叫びがふたたび世にはなたれる。あしたではなく、あさってのジョーたちに向けて。(「後記」より)
---
領価 1000円+送料

...............................................................................................................................................................................................

nagaakira

『偽作、ながあきら外伝―疾風怒濤山谷篇―』  こみ 憲 著

  第一部 山城国・日野の怨霊
  第二部 山谷・泪橋を渡って
  第三部 流動的下層の民へ

 かものながあきら(鴨長明)と下級武士の八郎左衛門は、京の山奥の方丈庵でしばしば酒を酌み交わしながら世を愁えていた。ひょんなことから、方丈庵をあとにして、中国・宋に向かう大船に乗り込む。そこには、陳和卿率いる乗組員の他にもう一人男が乗っていた。かつて渡宋計画に失敗した源実朝(千幡)である。たしか実朝は甥の公暁に殺されたはずなのに……。しかしどういうわけか宋には着かず、見知らぬ「世界」に到着してしまう。そこは1984年の寄せ場・山谷だった。ご隠居、八つあん、熊さんの三人をまじえた怒濤の山谷篇が始まる――。
(『街から』誌2013年2月〜2016年11月に連載したものを加筆)
----
●特別価格1000円+送料180円

----
ご注文は、予約・お問い合わせのページからご連絡ください。